春秋航空の予約はどこで行えばいいの?

春秋航空の航空券がほしい!どうやって予約を行えばよいのか。 - 春秋航空の機内はどのような機内なのか

春秋航空の機内はどのような機内なのか

春秋航空の機内は乗ったことがある人の話ではとてもスタイリッシュでカッコいい機内と言われています。機内へ移動するためには空港から移動専用のバスの乗車することになります。どのような機内なのでしょうか、ここで見ていきましょう。

ボーイング・スカイ・インテリアが搭載されている

春秋航空の機内はボーイング・スカイ・インテリアが搭載されています。機体そのものはボーイング737-800型という機種になります。中国でも就航している航空会社ですが、中国ではエアバスA320型機が使われていますが日本では違う方で運行されています。その理由としては日本の国内での就航ではエアバスを整備する整備士がいなくて難しいとのことでした。

機内はとてもスタイリッシュで綺麗な室内

機内はとてもスタイリッシュでシンプルな機内となっています。レザー主体なので、レザーの香りがする機内もあるかもしれません。通路は青いLEDボーイング・スカイ・インテリアが用意されています。最新の機内の証明は全てこれに変わっているとのことで日本で就航されているのは全て現在このライトに変更されているとのことです。

気になるシートの感覚は?

LCCの航空会社ですので気になるのはシートピッチではないでしょうか。やはりその点はLCCですので、シートは一般的なLCCの標準となっています。32列で全189席です。大半のLCCでこの座席数が採用されているので、ほかのLCCと違いはありません。実際に乗ったことがある人の話を見てみるとそれほど狭いという感覚はないとのことでした。ゆったりとしていて特に短時間の場合は苦にならないとのことでした。広いシートを選びたい場合は追加料金を支払えば最前列、非常口の前の座席でゆったりと足を伸ばすことができます。

関連する記事

Copyright(C)2017 春秋航空の予約はどこで行えばいいの? All Rights Reserved.